No,9 IDOLLYスプリングライブin静岡

出演者No9 EXILE/EXIT 静岡市のボイストレーニング教室 Idolly Vocal School

静岡ボイストレーニング教室Idolly Vocal School主催
2011.04.03 Japanese Monsters
出演番号9番 EXIT/EXILE

インタビューと寸評はRead Moreからどうぞ。

インタビュー

──初出演いかがでしたか?
とりあえず緊張しました、特に最初はすごく。

──ライブハウスで歌うのは初めてです
これがライブだなって感じでした。

──緊張の中でどんなことを考えて演奏しましたか?
まず一ついえるのは、歌い始めてみたらちょっとこれは無理だなと。無理というか、技術云々っていうのは(まだ経験が浅いので)分からなかったけど、一回しか歌えないからどうせなら気持ちよく歌ってやろうと。

──素晴らしい考えだと思います
はい、楽しかったです!

──他の方の歌を聴いたのも初めてですね
やっぱり上手いですね。

──特に感想をあげるとしたら?
誰が上手いとかじゃなくてあれなんですけど、今回みんな音楽が好きな感じがでていました。
そういう人たちが集まるって(日常で)なかなかないじゃないですか?すごくいい気分でした。

──その中でいい演奏ができれば最高です
そうですね!今回のことを活かして次回また出てみたいです。

ボイストレーニング講師からのコメント

こちらも今回初出演の生徒さんです。
EXILEの曲は、多くの男性にとっては歌いにくいということがあります。彼の場合もそうでした。

今回の演奏につきましては、技術はこれからというのがまさに適切でしょう。
しかし、私が第一に伝えなければいけないのは、表情のすばらしさです。
声がきつくなってしまう中で、いかにしてこの曲の前向きさであったり、明るさであったり……そういったものを表現するかが、彼にとっての課題だったわけです。
そこで身体でリズムを取りながら笑顔で、或いはダイナミックに歌うことができた。これは大変素晴らしいのです。

ステージの上で笑うというのは、当然でもあり容易でもあります。しかしステージの上にたった皆さんであれば、それがどういうことなのかご想像頂けると思います。
ぜひ、みなさんもそういった曲を演奏されるときは、笑顔を作って下さい。それは、誕生日をお祝いする歌をやるときと、本当の意味で同一なのです。

ボイストレーニング講師からのアドバイス

EXILEが多くの男性にとって歌いにくいのは、張り上げると明らかに浮くということがあります。
そして、それほど高くないようでいて、発声がある程度できていないと出せない音域を扱っていますので、簡単なようで難しいというのがあります。

特に、彼らの強みである中性的でさわやかな音色、そして深い息と、男性的で力強いアクセントを実現しようとすれば、基礎発声の訓練は不可欠です。
その意味では発声技術において、むしろ印象としては逆の方向にきこえる要素が強かったのは確かと言えます。

まず高音域の適切な拡張と、呼気の強さや維持においては、普段のレッスン通りしっかりと続けて下さい。
そしてその上で、言葉の扱い方について、特にひらたくいうと口の動きがまだまだ鈍いので、言葉はなめらかにかつはっきりとさばけるように意識して下さい。
それは、まずEXILEの歌をそういうように聴いて下さいということです。

感想を付けましょう!
ご本人は、ご覧になった方へ言いたいことがありますか?
或いは、ご本人に感想をお伝えしたいという方は、ぜひコメント欄でコミュニケーションを取りましょう!
方法は簡単です。ニックネームを入れて、本文に書くだけです。メールアドレスとウェブサイトはお好みです。

静岡県静岡市のボイストレーニング・ボーカル教室 Idolly Vocal School

関連記事はこちら:


3 Responses to No,9 IDOLLYスプリングライブin静岡

  1. siroワイン より:

    次回は IWISH for Youでおねがいします!!!

    EXITかっこよかったよ~。

  2. Chanmori より:

    今回唯一のEXILEでしたが、とても良かったですよ(*^_^*)また聞きたいです。
    Chanmoriこと森主でした(^o^)/

  3. T.K★ より:

    思い切ってうたっていた表情から、真剣にうたっていてかっこいいと思いました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">