No,12 IDOLLYスプリングライブin静岡

No12 ボイストレーニング静岡

静岡ボイストレーニング教室Idolly Vocal School主催
2011.04.03 Japanese Monsters
出演番号12番 I BELIEVE/絢香

インタビューと寸評はRead Moreからどうぞ。

ボイストレーニング講師インタビュー

──初出演はいかがでしたか?
やっぱり色々な方がいますね。私はこっそり人間観察していました。(笑)

──発見はありましたか?
その前にまずみんなうまくてびっくりしました。私はてっきりカラオケ大会みたいなのを想像していたので、驚きました。
場違いだなあって思って緊張したんです。私も上手ですか?とんでもないです。

──日常には中々ない刺激です
そうですよね。普段とは違って、音の聞こえ方がおかしい!って焦ったりしました。
(音が)ずれてるなあと思ったんですけど、終始プルプルしていました。(笑)

──みなさん最初は緊張しました
もうそういう感じを越えていました。「ああ、さっき歌ったんだ…」って思うと、もう終わったのにプルプル。(笑)

──他の方の演奏は?
私はNo4さんがダントツで良かったです。表情も豊かですごくダイレクトに伝わってきました。
ああいう場所であれだけの演奏ができるってすごいですよね。

No12 ライブイベント | 静岡ボイストレーニング・ボーカル教室Idolly Vocal School

No12 ライブイベント | 静岡ボイストレーニング・ボーカル教室Idolly Vocal School


ボイストレーニング講師からのコメント

こちらも初出場の生徒さんです。
ご本人の談では緊張したとのことでしたが、演奏は良くできていたといえます。

それでは、具体的にお歌のお話です。
まず、歌い始めではよくビートがきけていました。緊張した場合、音が飛んでしまう(演奏がきけない)ことが多々あるのですが、落ち着きがあります。
意志を明確に伝えるために、言葉を跳ねるように歌い上げるところがあったことが、それを表しています。ここはかなり明確に自覚をもってやれた点です。
また、サビの「すべてが」の辺りも非常によく勢いがでているといえます。或いは引くところでは引けました。
これらの動きが総じて、初出演を感じさせない演奏を作りあげたと言えます。

しかし、たとえばお写真からもご覧頂けるように、マイクを持つ位置が高く、両手で握りしめるようなところがあります。
あまりこのように心理面に土足で踏み込むべきではないかもしれませんが、これはそのもの彼女の心理的不安を表しており、決して緊張がなかったとは言えないわけです。
事実、声の艶は普段のボイストレーニングのときよりも薄くなり、やせ細った神経質さを感じさせました。

しかし、それでも一枚目のお写真のように、目線が高く素敵な表情をされている。これは初出演では中々できることではありませんから、賞賛に値することです。
このように私たちは人前で歌う以上、たたずまいも美しくあるべきです。
マイクをもつ手にすがるような力が入ってしまった。それは今回、祈りにも似た印象を作るのに一役買ったともいえるのです。
ところで、曲のタイトルは何だったでしょうか。

ボイストレーニング講師からのアドバイス

女性らしい繊細さをお持ちですが、決してステージ向きではないということはありません。むしろ良いとすらいえます。
不足していた点は明確ですから、そこは今後のボイストレーニング次第です。

1つは経験です。つまり今回はまさにそういう場だったのです。
そしてもう一つは、精神面に影響を受けないだけの技術的強度です。
当然こちらはボイストレーニングでなしえていくものです。たまたまうまくいかなかったこともありましたが、たまたまうまくいく可能性もあったわけです。
これを、”いつでもこのくらいはできる”、そこまで引き上げるのがボイストレーニングであり、自信です。

感想を付けましょう!
ご本人は、ご覧になった方へ言いたいことがありますか?
或いは、ご本人に感想をお伝えしたいという方は、ぜひコメント欄でコミュニケーションを取りましょう!
方法は簡単です。ニックネームを入れて、本文に書くだけです。メールアドレスとウェブサイトはお好みです。

静岡県静岡市のボイストレーニング・ボーカル教室 Idolly Vocal School

関連記事はこちら:


2 Responses to No,12 IDOLLYスプリングライブin静岡

  1. Chanmori より:

    絢香さんのデビュー曲ですね。雰囲気伝わってきましたよ。最高でした(^_^)v
    Chanmoriこと森主でした(^o^)/

  2. ワイングラス より:

    初舞台、お疲れ様でした!

    僕の場合、目線が低く、顔がうつむいていたので、伝わらなかった

    部分もありましたが、12番さんは目線が高く、表情が素敵ですね!

    ぜひ、見習わせて下さいね!

    そして、次回は4番さんを倒してくださいね(笑)

    頑張って下さい!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">